2010年01月15日

Google Appsを今頃試す その3 メールを提供する

個人的には、Google Appsは、独自ドメインのメールシステムを簡単に手に入れられるところに惹かれます。

ということでメールの設定をします。手順もマニュアル化されてドメイン代行会社毎の説明があります。あいにくValue-domainはありませんけど(w)。ヘルプを見ながら書き込んでいきます。

以下が現在私が登録しているものです。g-fanさんの優先度を使っています。ヘルプのままでもよいです。

mx ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 20
mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 20
mx ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM. 30
mx ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM. 30
mx ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM. 30
mx ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM. 30


そして、最後にSPFの設定をします。ヘルプにも書いてあります。

最終的に、以下の設定になりました。私はGoogle Apps以外もこのドメインに割り付けているので、そのサーバのIPアドレスをspfに登録しています。

mx ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 20
mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 20
mx ASPMX2.GOOGLEMAIL.COM. 30
mx ASPMX3.GOOGLEMAIL.COM. 30
mx ASPMX4.GOOGLEMAIL.COM. 30
mx ASPMX5.GOOGLEMAIL.COM. 30
txt @ v=spf1 ip4:<IPアドレス> include:aspmx.googlemail.com ~all


Google Appsしか使わないなら、 ip4:<IPアドレス>が不要です。これも1時間近く待って反映されたので、設定が間違っているかと思って、何度も書き直してしまったよ。
ラベル:Google apps Web Tool
posted by 飴谷さん at 23:56| Comment(0) | TrackBack(1) | 技術情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

Google Appsを今頃試す その4 メールをインポートするため、Premier Editionへ移行
Excerpt: 独自ドメインのメールシステムが出来上がったので、フリーのgmailアカウントから移行しようかと考えていました。移行としては、移行元のアカウントでPOPアクセスを許可して、移行先のgmailでフェッチす..
Weblog: 夜更かし日記 第2夜
Tracked: 2010-01-16 01:23
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。